お金があるのは良いけど、それもそれで怖い…。

ここ何日か『富岡八幡宮』と宮司さんの事件が取り沙汰されていますね。

見ていると加害者の弟さん、かなりの放蕩宮司だったようですよね~…こりゃ父親から宮司職を辞めさせられる訳ですよ…。

自分でお金使えないからって恨んで、お姉さんを日本刀で刺そうなんて考えませんよね、普通。

しかも遺書には自分の息子を宮司にしろと言ってるんですから身勝手にも程がありますよね。

借金も多額だったとか報道されていますが、神社のお金が余程ほしかったのでしょうね。

お金ってあれば有り難いですけど有り過ぎても、こういった争いに発展するんだな…と恐ろしくなります。

神と人間の橋渡し役の宮司さんでもお金に目が眩むのだな~と考えさせられました。

恐ろしいと言えば、この弟さんの奥さんも恐ろしいですよね!

義理の姉を狙うなら、まだしも関係ない運転手さんを100メートルも追いかけて回して斬りつけたというのですから…。

余程、お金に困っていたのかお姉さんを恨んでいたのかは分かりませんが、この奥さんは直接『富岡家』には何もないはずなのに、この執拗さは、やはり『お金』なんでしょうね。

宝くじの元になった『富くじ』発祥の神社で、お金に絡むこうした恐ろしい事件が起こるなんて何とも皮肉ですよね…。

天気が良い日は家事がはかどる(^o^)

本日は天気が良くって最高に気持ち良いですね。

これは洗濯日より。。

たまっている洗濯を洗濯機へいれて、その隙にお布団を干しにGO!お日さまパワーでふっくらにお願いします!

それから、いつもは仕事しているのでおろそかになっているところのお掃除をしました。

うちはIHなのでお手入れが楽なはずなのに、、。

サボっていたのでこびりつきが目だってありました。

(-_-;)

それを本日きゅきゅと擦りぴかぴかに!

とてもスッきりしました。

猫を飼っているので毎日が猫毛との戦いなのですが。。(>_<)本日はコロコロで全てをクリーンにできました。 午後三時にはのんびり一服。珈琲タイムです。 本日は頂き物のチーズケーキがあるのよね(^o^) 太るわぁ。などといいながらも間食してしまう私。 ダイエットは明日からといつもいっているような気がします(笑) さすが冬です。まだ日が影っていないのに寒くなってきました。冷え性な私は足元がすでにひんやり。 これはヤバイです。 最近はヒートテックが主流でこればかり購入してしかも手放せません。いろんなお店からヒートテック物が売られていますがやっぱり私のお気に入りはユニクロかな。 さて。洗濯ものが冷たくならないうちに取り込んでしまうとします。明日からまた仕事だわ。ではまたね!

お家の中も着々と冬支度が進んでいます。

昼間もコートを着て丁度良いと思えるような気候になりました。
家の中でも薄着をしていると何だか肌寒く受け取る様になり、段々と家の中でも冬支度が進んできてある。

就寝時には毛布だけでは寒く受けとるようになり、家中分の羽毛布団をセッティングしました。
お天気のいい日を選んで、ベランダの柵いっぱいに羽毛布団を4枚広げて天日干しをしたので、とてもフンワリにできあがりました。
一年中の作業を終えてフワフワの布団に包まれるととてもホッと行なう。
子供達は天日干ししてフワフワになった羽毛布団に、お決まりのダイビングを通して楽しんでいました。

羽毛布団が出た後は、リビングの子供スペースにホットカーペットを出しました。
一気に電源を含めるのではなく、ホットカーペットとカバーを敷いておくだけでも足元が温かく感じます。
マイクロファイバーの素材でできているカバーの感触が気持ちよいので、子供達はやけにゴロゴロと寝転んで過ごしています。

毎年恒例の順番で、子供スペースにホットカーペットをセットした後に流す者があります。
季節の雰囲気を楽しめる、クリスマスツリーだ。
今年もホットカーペットのセットが終わると、長男が「次はツリーでしょ!」と感づいていて、少し催促されながらその日のうちにクリスマスツリーを繰り出すことになりました。

布団やホットカーペット、ツリーも出したので、内部の雰囲気が一気に冬使用になりました。

子供たちとワイワイ言いながらのクリスマスツリーの飾りつけをしましたが、そうして子供達と騒ぎながら面白く飾り付けを出来るのも、あと数年だ。
来年もワイワイ言いながら、子供たちと面白く冬支度が出来ると良いなと思います。

大好きな親子なのにイライラが止まらない

坊やの事は穴場、ダディの事も穴場、なのにイライラしてしまうのはどうしてだろう?と毎日のように感じ取る。朝からグズグズする赤ん坊、しかも理由はみかんが食べたい。僕が食べちゃ無茶と言ってる主旨でもなく、食べていいよと言っているのに泣きわめく赤ん坊。訳わからなくてイライラ。
幼稚園から帰ってきてすぐにグズグズ、お腹が空いているのか眠いのか尋ねるけど泣きながら何か訴えている。おやつを用意して食べさせるときも何やらグズグズ、奥様の膝に座って食べたいと。それは愛らしいという。けれどもイライラ。イライラにつき白々しい口調になってるのか赤ん坊のグズグズはなかなか終わらない。
そうしてお昼寝の日数、寝顔は最高に可愛い。ずっと見てても飽きないくらい。
一緒に居られる日数を大切にしようと思ってやさしく接したいけど本当に疲れて仕舞う。大好きなのに、一緒に掛かる時間は幸せでうれしいのに些細な結果イライラしている自分が不愉快になる。
夕ごはんの確立のとき、赤ん坊が僕と居たくて喚きながら側に寄って生じる、構ってあげたいけど時間も遅くなってきてるしダディも要るしと思い食事の確立をあおるけど、ダディはテレビジョンに夢中で赤ん坊の気持ちを引こうともしてくれないから、僕は余計にイライラ。
赤ん坊を寝かせる際、ウトウトしてきてるのにダディが赤ん坊をいじって遊ぶ、なので赤ん坊も起きてしまう。僕はさらにイライラ。
そんな毎日に疲れて仕舞うけど、大好きな赤ん坊につき、大好きなダディにつき、今日もグズグズとイライラと戦って笑顔で頑張ろうという。でもできるならイライラしないようになりたい。

19回目の結婚記念日。時流の速さにびっくり

19回目の結婚記念日。いつのまに・・という感じがするが、子供がそれだけ大きくなっているんだから歳を取り去るのも仕方ないかな。
品川の御殿山ヒルズの教会で牧師さんの「健やかなる時も、病めるときも・・」というお決まりの言葉を今年ほど一段と感じたことはなかった。
昨年の10月9日に主人が過労で会社で倒れ、救急搬送。意識はあるのか、心臓は動いているのかを怖くて会社の人に確認できないまま、子供とタクシーを飛ばして病院へ行った。
幸い、命には別条がなかったが、こういう年間は本当に大変だった。

お父さんが倒れたのだから、私がしっかりしなくては、子供を守らなくてはと常に気が張っていた。
「健やかなる時も、病める時も」はこういう事か・・と妙に納得し、自分を奮い立たせていた。

そうして私は長く続けられそうな仕事(パート)に転職をしたけど、やはり今考えるとタイミングが悪かった。慣れない仕事に私まで体調を崩してしまい、緊張で交感神経が働き過ぎてしまったようで睡眠も賢くとれなくなってしまった。結局、病院や針治療に通い、仕事は去ることに。

あれから年間。主人も私の体調もぼちぼちって感じ。主人は軽減勤務で復帰をした。
まだまだ不安はあるけれど、一緒にヨガを始めたり、ウォーキングしたり、家族で夕飯を一緒に食べられるようになったり、早寝早起きをしたりと以前とは比べものにならない位、健康的な生活で家族との時間が増えている。
医者やカウンセラーからは「過労死する前に、体が教えてくれて良かったですね」というけれど、今は本当にそう想う。
神様が、ギアを落とさないと恐ろしいよ!と教えてくれたのだと想う。

今回わかったことは40歳、45歳とその年代に応じた働き方にギアをチェンジしなくてはならないについてと、人間は無理をするとどこかでツケが回ってくる。
ですから、これからは無理なことにはノーと言おう。
また違和感を感じながら始めたことは、後々、やはり行うではなかったということが多い。
ですから、自分の本音を聞いて「快い」と思えることを選んでやっていきたいという。

普通という言葉

SNSを見ていると、ある騒動が目に入りました。
若い両親が、死産した子の写真をアップロードしたことに対して同情と批判の声と共に、侮辱の声が向けられていたのです。
そこで多く使われていたのは「普通」という単語でした。

「普通は死んだ子供の写真をネットに公開なんてしない」
「サイコパスか?普通じゃない」
という内容がそのアカウントへ投げかけられていました。
「こんな親の元になら生まれてこなくて良かったな」なんていう心無い言葉も見かけます。

私はその写真から、その子が生まれてくることを本当に楽しみにしていて、生まれてくる前からその子のことを両親が愛していたのだろうと感じました。
そのため、写真をアップロードする行為を批判する気持ちは起きませんでしたが、世の中の多くの人が葬儀以外で人の遺体を見ることには抵抗を感じると思います。それも、知らない人であれば尚更です。

そこで「多くの人が見たくないと感じるものをアップロードするのは良くないと思います」という言葉をかけるのならまだ理解できますが、「普通じゃない」「おかしい」という言葉を投げかけるのは批判ではなく侮辱に感じます。
それに、我が子が亡くなり悲しんでいる親に対して「普通じゃない」「馬鹿だ」と言葉を投げかけることは「普通」ではないと思います。
普通ではない人が他の人に普通じゃないぞと言っているというのはおかしなことです。

何が正しくて何がおかしいかは人によって異なります。だからこそ、しっかりと良識を持って生活したいと考えさせられる出来事でした。

不平オーダー

最近はまっているのが愚痴買上中葉

なんでも愚痴を買い取ってもらえると言うところで、ちょっとイライラしているようなところでも買い取ってもらったりするため
宜しい負荷の放散になったり、業務とかのやる気がなくなってきたときにやるとちょうどいい感じで仕事ができるので重宝しています。
いろいろで愚痴をアップし続けて人一倍財貨をためることができました。アマゾンで小説を度数冊すでに買ってますので、凄い心地がいいです。

ただわずかドッサリアップ望むときに、アップ規制が酷いものだから、そういったときにはいきなりやりたくてもできない愚痴がたまってしまうね。
できればもう早くアップができるようにやるだ。

山火事の法律上の扱い

最近、アメリカでの山火事のニュースを見ることが多いです。

しかし、この山火事が誰かの責任で火が付いたとしたらだれが責任を取るのでしょうか?

アメリカの法律は分かりませんでしたが、日本の法律でどういう扱いになるのかは調べられました。

日本では、自分の過失が重いときにだけ火事によって起きた被害の責任を取らされます。

これについては建物も山も同じ法律で同じように決められています。

しかし、火事を起こしたこと自体への責任がなくなるわけではありません。

自分の過失が少しでも関係した山火事を起こすと、50万円以下の罰金を科されることになっています。

では、重い過失とはどのようなものでしょうか。

実はこれ、法律で決まっていないために個々の裁判で決定されています。

基本的には一般の人でもこれは危ない、と判断できるかどうかだそうです。

今まで重過失と判断されたまたはされそうになった事例として、火が付いた炭をそのまま山に捨てた、寝タバコで火事を起こした、暖房器具近くに置かれていた燃えるものから出火した等です。

先の糸魚川市での大火事で、てんぷら鍋を火にかけたまま放置していたとのことですがこれも裁判で争われています。

こういった重大な過失でないと確かに火事の責任は問われませんが、それでも罰金刑はあります。

何より近隣の皆様に多大な迷惑をかけることになるので、くれぐれも火事には気を付けてくださいね。

ブロッコリー

今日野菜不十分が気になるところですが、どうも野菜を取れないものです。しかし、今日ブロッコリーが相当好物になってしまいました。今まではまあまあ歓迎ぐらいだったのですが、ぶらりとブロッコリーがおいしく感じられ毎日のように食べてます。とある人の話によると、人体が不足しているものを食べたくなったりすることがあり好物に向かうということもあるということです。
でも、ブロッコリーって煮るの難しいですよね。茹ですぎるとだいぶ悪い製品窺えることがあります。それも養分が抜けてしまって人体が待ち焦がれる製品と違うという所なのでしょうか。ともかく、野菜が好きになることはいいことだと思っているので、これからも食べていきたいと思います。

きものでお出かけ

ひょんなことから着物の着付教室に通いました。

着物で出かけるところはお茶会くらいしか思いつきませんでしたが、ネットで検索してみたところびっくり!

街歩きはもちろんのこと、カフェや居酒屋、映画館や野球観戦!

車を運転したり、自転車に乗ったり。

着物って結構自由!そういえば元々は着物で生活していたんですもんね。

着付け教室で出会った仲間たちと早速【着物で飲み会】を開催してみましたよ。

創作料理屋さんのスタッフさんは一瞬驚いていましたが、景色のいい席に通してくれたり、お隣のご婦人から褒められたり。

着物着ているだけで褒められるって得した気分です。

また着物の色がワイン色だったり、帯留めの形が徳利だったりとコーディネートを考えるのも楽しい!友人はビールの手ぬぐいを帯にかけていました。

すっかり着物でお出かけにハマった私たち。

次はどこに行く?と計画を立てています。

ワードローブに【着物】もなかなか良いですよ!