思い起こせば多分4年前

先日ベッキーを久しぶりにテレビで見た。イヤホンのコマーシャルに出ていた。数年前のスキャンダル騒動以来、テレビの画面から姿を消して久しぶりの登場だったので、「あぁ、頑張ってるなぁ~」とねぎらいにも似た気持ちで見ていたら、横にいた家人も「この子はあの…!」と気づいたようで、しかしあまり好印象はもてないといった体の反応だった。

当人いわく、「だって、相手に奥さんいるって分かってんのにさぁ~?」ということらしい。それを言うなら、自分に奥さんいるって分かってんのに口説くのをやめない相手の男性もどうだかな?と思うので、自分はどちらかと言えばベッキーの肩を持ちたい方。と言うより、すでにその騒動から何年たってるの?何年前の話よ?とも思う一方、当時も会見でベッキー本人、誠心誠意謝ったと思うし、それでも延々テレビ干されてるのに、相手の男性は特に気が咎める様子も(少なくとも表には)見せないし、あまり時間を空けず他の女性と、しかも未成年相手にひと騒動。

ベッキー自身いい大人だったんだし、スキャンダルの責任は当人同士半々だと思うけど、なんかベッキーの方だけペナルティ大きすぎない?という不公平感に今もって釈然としない。

相手男性も、いい作品出してたと思うのになぁ。才能と人格は必ずしも同列に見ることはできないな、と学んだ一件だった。というか、ベッキーそろそろテレビに本格復帰させてあげてもいいんじゃないのかな、と個人的に思う。