学級崩壊の始まりは意外と静かかもしれないです

男の子は学校のことをあまり話さないですよね。

うちも例外なくほとんど学校のことを話してくれません。

先日、とある女の子の母親から

「○○君、2週間ぐらい登校してないみたい」

という話を聞きました。

息子に話を聞いてみると相変わらずの

「そういえば、そうかも」

と気の無い返事でした。

その息子はまだ小学校1年生なのです。

来なくなった理由は、その後のPTAで判明したのですが、なんかモヤモヤする内容でした。

校長先生からのお話でしたが、とある先生がその生徒に恐怖心を与えてしまい登校できなくなったとのことでした。

しかも、そのとある先生は誰なのかもわかりません。

保護者の中では、担任の先生ではないかと噂されていますが、担任の先生を悪く言う保護者はおらず、校長先生からの説明のあったPTA直後も担任の先生を気遣う言葉ばかりでした。

もうすぐ夏休みになるので、その間に子供のフォローを親がしてくれればいいのですが、どうもその親が問題を大きくしている様子で、私たち夫婦の間でも「その親とはあまり関わらない方が無難かも」なんて意見まで出てきています。

学校の先生も大変ですが、クラスにこのような和を乱す親がいると先生も変に引いてしまい、それを子供達は感じ取るので、学級崩壊に繋がらないか心配です。