BGMを奏でるのは難しい でもBGMはやめられない

今日は、ワンデイやることもなかったので、久々に楽器を取り出してみました。酷いところからピアノ、学生時代にはサックスを吹いてあり、年間ほど前に新たにフルートを始めました。サックスといったフルートは幸指が通じる結果、それほど指がどちらがどちらかわからなくなります。私の好きな品種はジャズだ。ただ、メリハリ直感を捉えるのがはなはだ苦しく、楽譜も普通のクラシックの譜読みの計画が異なるので、何となく拡張はしません。取り敢えず、音楽を奏でるのは厳しい。でもやめられないのは、熱演やるときの何とも言えないあの貸し出し直感の力不足でしょうか。ソロで熱演する際には、自由な熱演ができて、心構えが大きくなります。オーケストラのように大数で合奏する際には、皆の奏でる音楽の流れに自分を任せて優雅な内面に。ビビッから音楽は閉められません。低金利でお金を借りる方法ズバリ教えます