いい勉強になったはずです

先日、息子が県の陸上大会に出場しました。市の陸上大会で100mでは上位10名、リレーでは上位4チームが出場できることとなっており、100mとリレーともに上位だったため県大会へ出場することができました。

息子としては市でいい結果に終わったため、県の陸上大会でも上位を狙えるのでは?という気持ちも多少あったようでした。息子の前に同じ小学校の友達が50mハードルに出場し、県でトップ10に入ったので賞状をもらっていました。それを見て、私も「もしかしたら?」という気持ちが湧いて期待をして見ていました。

ところが、レースが始まると最初は1、2位を争っていたものの後半伸びず最後は4位という結果に終わりました。総合は15位だったのでそれほど悪い結果でもなく、タイムも以前より伸びていたので親としては納得の結果でした。ところが、本人はかなり悔しかったようで良い表情をしていませんでした。学校内でも一番速いようで市でもいい成績だったので自信がそがれたような感じだったのだと思います。

けれど、これから成長するにつれて必ず壁に当たると思うので挫折も必要です。天狗にならず、悔しい思いをすることでさらに努力をしてくれると信じています。なので、今回の陸上大会は息子にとっていい勉強になったはずです。

秋に便乗して英語の勉強はじめました

芸術や読書、運動と、とにもかくにも快適に過ごせるシーズンだから何か始めてみればいいんじゃないかなと言わんばかりに色々推される秋ですが

私も便乗してはじめてみました、英語の勉強。

というのも、以前より「英語ができたらなあ」と思うことがあったのです。喋れないにしても読めればそれだけで世界が広がるわけじゃないですか。

たとえば、私の場合はゲームですね。steamで面白そうなゲームが配信されてるなあと思っても「日本語対応していません」とあると「日本語対応するまで待つか」と待ちに待って旬を逃したり、手をつけないまま忘れていったり…。正直損をしているとしか思えないわけです。

ストーリーが素晴らしいと言われるゲームだって、たまにおかしな日本語で翻訳されてて内容が頭に入ってこないこともあるわけで。自分が英語さえ読めればもっと楽しめるのに!と思っていたんですよね。

日本語の学習は文字を覚えて単語を覚えて、絵本や人とのやりとりで言葉の使い方を覚えていくし、どこの国の言葉でもそんな感じで習得するだろうという判断で、とりあえず単語学習から手をつけてます。

単語の意味さえ分かれば言いたいことの片鱗くらい分かるだろうという非常に甘い考えですが、仕事でやってるわけでもないし気楽にゲーム感覚で覚えていこうと。最近だと英単語学習でさえゲームになってますしね!海外ゲームのためにゲームで英語を覚えるというゲーム三昧なそれですが、楽しいのが一番ということで。

障害者用駐車場に思うこと

私の実母は要介護2認定。

出掛けるときには車椅子を使用しているのですが、これがなかなか大変。

一昔に比べれば、随分バリアフリーの意識が浸透してきたと思うけど

実際にこちら側の身になってみると「まだまだだな」と感じます。

一番感じるのは障害者用駐車場の不便さ。

どれだけ広い駐車場スペースがあっても、障害者用はほんの2、3台分。

車椅子とはいえ、車椅子だからこそ、時々は買い物にも連れていってあげたい。

平日の空き空きの日はいいんですが

ちょっと人が多いだけで、障害者用駐車場が満車なんです。

雨の日なんかはもう最悪。

そりゃあ、ここは障害者だけでなく、高齢者や妊婦さんも利用するし

もしかしたら見た目では分からない障害をお持ちの方もいるでしょう。

でも、明らかに「絶対違うよね?」という方もたくさんいます。

「自分ぐらいはいいだろう」という思いやりのなさ。

土日のお出掛けなんて、絶対にできません。

駐車場の場所で困ることも。

出入り口の横に設けてもらうのはうれしいけど、平らな地面じゃなかったりする。

健常者には多少のでこぼこがあったり、斜めになっていたりしても気にならないだろうけど

これ、車椅子を使って乗り降りすると想像してください。

でこぼこに阻まれて車輪は動かない。坂でスーッと下がってしまう。

もし障害者の方1人だったら、絶対に困ると思います。

バリアフリーが徐々に浸透してくれるのはうれしいけど

もうちょっと想像力や思いやりを持ってくれるとうれしいな…。

母と一緒に出掛けて、こういうことに遭遇すると

「バリアフリーに気を付けていますよ」アピールしとけばいいと思ってんじゃないよ!

なんて、悪態までつきたくなってしまいます。

もちろん、私と母の姿を見て、親切にしてくださる方もたくさんいます。

私だって、母が要介護になるまでは

障害者用駐車場を占領するなんてことはしないまでも

それについて考えることなんてなかったから

誰でも自分がその立場にならないと分からないのかもしれませんね。

夏目漱石【こころ】を読んで

最近、時間ができたので、夏目漱石の「こころ」を読みました。元の文章だと読みにくいので、今の言葉に書き直されたものです。

結論としては、これが文豪、これが名作かと心を打たれました。何に感動したかというと、物語が色あせてないのです。今の若者、働き盛りの人にも十分通じるものがありました。

特に、物語の中に出てくる言葉で、“鋳型にはまった悪人などはいない。善人がいざという時に悪人になるんだよ、平時は皆善人だ”というのがあるのですが、これは真実だと思いました。そして、そのいざという時ってどんな時だという問いに対して“金だ”と答えるのにも納得します。お金と色恋は人を変えると思います。とてもシンプルで読んでいて気持ちがよかったです。

夏目漱石の書き方は独特でした。主人公や登場人物はどこかしら自分に酔っているのですが、描写の文章のところどころに冷めた目で、それを馬鹿にしているように感じました。

最近の小説は登場人物が自分に酔っていても、肯定的な、むしろ褒め称える文章描写なので、とても新鮮に感じました。読んだら、心の隅に残る物語。それが夏目漱石の「こころ」でした。

読み終わったら、別の作品を読んでみたいと思える作家さんに出会ったのは久しぶりで嬉しい発見でした。昔のものも馬鹿には出来ないと思いました。

世界同時株安がまだまだ続いています。

純金の価格高騰がするのかなとも思います。

そこで昨日は、少しずつ積み立ててきた純金銘柄を少し売却して純金を買いました。(投資信託ではなく、○グラムで買う投資用の純金です。)

金の需要は今でも高まっていることを考えると、これから先も価値があるものになるし「不況の金」の威力発揮しそうです。

一方バランス型の投資信託は緩やかに下降するのかなという印象もあります。

但し、ドルコスト平均法で運用することを考えると簡単に売却するという方法は好ましくないのではないかなと思います。(買い増しをするのは下げ止まりが確認して景気上昇の兆しが出たときです。今やったら落ちてくるナイフを取るようなもの)

これで改めて純金に投資した方が良いというのがよくわかった1日です。

ただ楽天ポイントは純金で使うことは出来ないみたいです。(ポイント使うが無かった。)

純金は安心を買うようなものだから、買う価値が高いし納得できます。

そうなると楽天ポイントの使い道はというと、投資信託で使うというのが一番ベストなのかなとも思いました。

後は純金の先物や ETF も気になるところで、ますます純金の虜になっています。(火事で溶けても無くならないから価値も高い)

やっと、、、完成!!

先日長女が卒園式を終え、晴れて小学生になったわけですが・・・

私には卒対(卒園対策)の大仕事が残っておりました・・・

卒園アルバムとDVD作成!!

7月までに仕上げてみんなに配る予定だったのですが、

どういう構成にしようか悩んでいるいるうちにあっという間に7月!

頭を下げて9月まで待ってもらうことに・・・

が、人間やらないときはホントにやらないもんですね(笑)

一緒に作ってくれている人から「期日3日後です」と

連絡をもらってようやく作成スタート(笑)

私イラストレーターもフォトショップもドがつく素人なんです・・・

家のパソコンにもソフトが入っているわけもなく

気合でExcelで作ってみる(笑)

意外とイケるかも・・・!!!

全12ページ全てExcelで作成しましたーーー!!!

Excel万能説( ゚Д゚)!!

ギリギリ入稿間に合ったーーーーーー

スライドショーも途中までできていたんだけど、肝心のDVDに焼くソフトがない((+_+))

ググる・・・できない・・・ググる・・・できない・・・

と、試行錯誤を重ねて何とか引き渡し当日の朝に完成!!!

もう二度とアルバム制作なんてするものかと感じる今日この頃。

が、アルバムを渡したままたちからハーバーリウムいただきました!

うれしい?

二度とやりたくないけど頑張ってよかった!