確定申告が終わってほっとした

最近の懸案事項は確定申告でしたが昨日市役所に行ってきました。

別に後ろ暗いことはないのですがドキドキし、自分の番の時に役所の人に雑所得の欄をじっくり見られた時は心配でたまりませんでした。

もちろん問題なく終わりすっきりしています。

でも改めて自分の収入の少なさを自覚させられたので今年はより稼ぐことにしており、そのために色々計画を立てていてわくわくしています。

今年の年末にはどんな自分になるかと思うとたまらない気分になるのでぜひ最高の1年にしたいと思うのでした。

その計画というのはコンテンツを作ってネットで販売することなのですが、そのコンテンツは3DCGのモデリングやアニメーションを作るつもりで現在勉強しています。

販売するサイトは基本英語で世界中に売れるものなのでそこで大ヒットを起こしたら億万長者になれるのでわくわくが止まりません。

もちろんそんな簡単にお金持ちになれるはずはないのですが、そこに挑戦することで少しでも自分のステージを上げられるというだけで満足です。

とにもかくにも今年は去年より収入を増やし、去年よりも遠くに行って自分のステージを上げたいと思っています。

海外旅行もしたいのでお金を稼ぐ他に英語も身に付けないといけないのでアプリで勉強しており、これからが楽しみなのでした。

会社の通勤で、時間ぎりぎりに出るのは、まずいと思う

会社勤めをしています。自分の勤めている会社には、始業時間ギリギリに駆け込む人が、結構な数います。子どもを預けてくる等、いろいろな事情で、始業時間ギリギリでないと来ることができない人もいるとは思うのですが、でも、始業時間ギリギリは、まずいんじゃないか?と思っています。

自分は、始業時間のだいたい30分前には、会社の席につけるような時間に家を出ます。というのは、昔、こんな経験をしたことがあるからです。

その日も、30分ぐらい前には会社につくように、家を出ました。いつものように通勤電車に乗ったのですが、なにか、お尻がスースーする。

お尻を触ってみると、なんと、ズボンに結構大きな穴が開いてました。股の縫い目から、避けたような感じで、こぶしが入るぐらいの大きな穴です。

ま、確かに、かなり古いズボンだったので、歩いているうち、あるいは、駅の階段を大股で上がっているうちに、裂けたのかな・・。

とにかく急いで電車を降りて、一度自宅に戻りました。そして履き替えて、再び会社へ行きました。

最初に30分ぐらい前には会社につくように、家を出たため、なんとか会社の始業時間には間に合いました。

よかった。「ズボンに穴が開いたので、遅刻します」って会社に連絡するの恥ずかしい。そんな羽目にならなくて。

それ以来、ずっと、早めに家を出ることを続けています。

ついにこの日が来てしまいました

大相撲初場所、初日から3連敗を喫した横綱・稀勢の里関。初場所4日目を迎えた朝、テレビを見ているとついに「引退」という報道が流れました。横綱になってわずか2年、12場所の在位。そのうち8場所休場という短命横綱となってしまいました。今場所は横綱審議委員会から激励がなされていたため休場が許されていない状況でした。初日から連敗し、3日目の栃煌山関との取組後は茫然としていました。

私としては初場所が始まった日から毎日「もしかしたらこれが最後かもしれない」と思いながらテレビで見ていました。負けるたびに「明日は勝つかもしれない」と思いながら見ていましたが、最後まで奇跡は起きませんでした。そしてついに引退という日を迎えてしまいました。

大関に昇進してから5年間かかってようやく手に入れた横綱の地位。横綱になってからすぐの春場所に大怪我を負い、それでも強行出場して逆転優勝を果たし感動を与えてくれました。結果的にその真面目さが裏目に出て大怪我が致命的となって相撲人生を縮めてしまったかもしれません。

けれど、そのひたむきな姿が応援したくなるような愛される力士になったのだと思います。きっと稀勢の里関ならば人間的に慕われる親方となって相撲人生を全うしてくれるはずです。