節約ができない夏場の悩み

できる限り節約には気をつけるようにしています。飲み物一つとっても、できる限り水筒を持っていく、ペットボトルは自販機でなくスーパーで買う、など。

とはいえ、いつでもそれができるわけではありません。冬や春ならばともかく、夏の間はそれが顕著です。なにせせっかく水筒を用意して仕事場に持って行っても、就業時間が終わる前に飲みきってしまい、会社の自動販売機で買うことになってしまうのですから。

いくら節約が大事とはいえ、それ以上に大切なものは自分の体です。暑い中、水を飲まずに長時間過ごすのはいいこととは言えません。熱中症対策はしっかりしないと反対に倒れてお金がかかってしまいます。

それは電気代に関しても同じこと。窓をあけるだけで充分に涼が取れればいいですが、特に昼間は中々難しい。クーラーを使うのも体のためには仕方がないことです。とはいえ、仕事の日は昼間は家にいないためそこまで電気代を気にする必要はないでしょう。問題は休みの日ですが、図書館にいくなどの解決策があります。本を読み動き回るわけではないし、クーラーもきいているので、夏場にはいい避難所となる図書館。水筒やお弁当を持って行けば一日いても特に問題はありません。

それにしても晴れは嬉しいとはいえ、あまりに続くと雨が恋しくなってしまいます。

ポストにある広告について

帰るとポストを見る。しかし、以前に比べてチラシが減っていることに気づく。それは最近のことではなく、かなり昔からのような気がする。意識していないと見落としてしまう事実だが、それでも気にしない。

実際に広告を目にする機会は、逆に増えている。ネットの広告も以前に比べて多種多様に展開している。ページを移る際に必ず広告も切り替わる。

また、テレビの広告に関しても同じだ。あるドラマの役者が着ている洋服はスポンサーの用意した衣装である。ドラマを見れば、自然にそのブランドの服が目につくようになるのだ。当然、視聴者が調べたらそのスポンサー企業の商品とわかり、購買するような仕組みになっている。洋服に限らず、時計や靴、メガネやスマホもそうだ。小物類はまさに映る商品なのだろう。

しかも、電車の中にもモニターがあり、そこに広告が映る。ごく自然に目に入るようになっているのだ。電車の中ではすることが限られているため、また客層も絞り込めるため、スポンサー側としては利点が多い。興味を持てたせる内容にして、頭の中に残るようしている。

ここでコーヒーを一口すすった。頭の中がすっきりとしているが、このコーヒーもどこかで見た気がした。ふと思い出して見ると、自動販売機のモニターに広告が映っていて興味を持って、買ったのだ。

生活保護がテーマのドラマ

女優の吉岡里帆さんが主演を務めるドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」が7月17日より始まりました。私も生活保護の実態に興味があるので見ました。

初回は20分拡大ということで、思ったよりも話が進んでいくなという印象を受けました。義経えみる(吉岡里帆さん)は大学卒業後、安定を求めて公務員になったが、激務といわれるケースワーカーになってしまうところが設定としてはおもしろいなと思いました。義経えみるは真面目で生活保護受給者の方にかなり寄り添っているところが印象的でした。

義経えみるみたいな可愛くて一生懸命なケースワーカーだったら何でも言うこと聞いてしまいそうだなと見てて思いました。受給者の人から死にたいと電話が入り、いつものことだからと周りから言われ、電話だけで対応していたら本当に受給者の人が自殺してしまうところが本当にありそうだし、もし自分がケースワーカーだったらどう対応するんだろうと考えてしまいました。

友人と昨日食事に行きましたが、その友人の旦那様がケースワーカーをしており、ドラマを見た印象が、全体的に優しく描かれているよ、実態はもっとすごいよと話していたと聞いて、なかなか大変なお仕事なんだろうなと思いました。生活保護のドラマは珍しいので来週も見たいと思います。

学級崩壊の始まりは意外と静かかもしれないです

男の子は学校のことをあまり話さないですよね。

うちも例外なくほとんど学校のことを話してくれません。

先日、とある女の子の母親から

「○○君、2週間ぐらい登校してないみたい」

という話を聞きました。

息子に話を聞いてみると相変わらずの

「そういえば、そうかも」

と気の無い返事でした。

その息子はまだ小学校1年生なのです。

来なくなった理由は、その後のPTAで判明したのですが、なんかモヤモヤする内容でした。

校長先生からのお話でしたが、とある先生がその生徒に恐怖心を与えてしまい登校できなくなったとのことでした。

しかも、そのとある先生は誰なのかもわかりません。

保護者の中では、担任の先生ではないかと噂されていますが、担任の先生を悪く言う保護者はおらず、校長先生からの説明のあったPTA直後も担任の先生を気遣う言葉ばかりでした。

もうすぐ夏休みになるので、その間に子供のフォローを親がしてくれればいいのですが、どうもその親が問題を大きくしている様子で、私たち夫婦の間でも「その親とはあまり関わらない方が無難かも」なんて意見まで出てきています。

学校の先生も大変ですが、クラスにこのような和を乱す親がいると先生も変に引いてしまい、それを子供達は感じ取るので、学級崩壊に繋がらないか心配です。

気の合う友と飲み会!

先週末、気の合う友人と久しぶりに飲みに出かけました。

学生時代は、毎日といってもいいくらい飲み歩いていたのに引っ越してしまって離れ離れになってしまったので本当に久しぶりでした。

串カツのお店で飲み放題のお酒を酌み交わしながらここ最近のことをいろいろと話しました。

新しい仕事はきついのかとか、新しい仲間とはうまくやっているのかとか、恋愛のこととか、将来のこととか、今まで離れていた分を取り戻すくらいにいろいろ話を聞いてもらい、話を聞きました。

ここ最近は飲み会なんか開くこともなかったし、開いても職場の飲み会だとか緊張するメンバーばかりだったので、ここまではっちゃけられたのは本当に久しぶりでいつもより早く酔いがまわって、年のせいかなんだか胸焼けしてしまいました。

でも、とても楽しかった!久しぶりに会えて、どーでもいい、しょーもないことに花を咲かせて、「また飲もうね」っていつになるかわからないけど次回の約束を取り付けて……。

私も少しお金とか時間とか体調とか無理をしたけど、それでも後悔はしてません。本当に会えてよかったです。

やっぱり気の合う友人と飲むお酒は格別です。気の合う友人と話す時間は何にも代えがたい時間でした。

新しい食べ方を発見した!

朝ご飯を食べるのか昼ご飯を食べるのか微妙な時間に起きてしまい、なおかつ冷蔵庫にはしょくぱん、アボカド、納豆、バター、チーズ・・・くらいしかありませんでした。しょくぱんにはいつもジャムつけて食べるようにしているので、チーズはちょっとなぁ、という気持ちでした。

しかしお腹は減ってしまっていたので、以前テレビで見たしょくぱんの上に納豆とチーズアボカドを乗せました!テレビでは意外な味!食感!これはクセになる!と言っていたのですが、長年信じられずにモヤモヤ思っていました。

まさか実際に試すことになるとは思いませんでした。カリッとしてとろっとしたものが食べたかったので、オーブンに入れて三分焼きました。焼けてオーブンから出すと、とても良い香りがしました。これはもしかしたらおいしいのかもしれないと強くここで思いました。

アボカドは焼いたらおいしくなくなるのでは?と思ったので焼いてから上に細かく切り刻み上に乗せました。見た目がめちゃくちゃおいしそうなのは確かです。匂いもバッチリです。食べてみると今までどうして食べてこなかったのだろうというレベルでおいしかったです。納豆とパンが合うことが意外でしたし、チーズと納豆が合うことも意外でした。これからもこの食べ方をしたいと思いました。

楽しみな合わせ種は何が咲くかな?

梅雨に入りましたね。

初夏は草木が伸びる季節です。

私が想像して楽しみだったり、ウキウキすることは花の合わせ種です。

私は草木を育てたり、プランターで野菜を作ったりすることが趣味ですが、中でも園芸ショップに行って種を買って育てるのが楽しみです。

特に一つの種類ではなくて、合わせ種を買ってくると、いくつかの種類の花が春先に咲きます。

しかも、中には生えるはずのない雑草まで混ざってたりします。(泣)

それはそれでご愛嬌。

ですから、冬の終わりに種をまくと芽が出てくるまでも楽しみだし、芽が出てきてからは成長するのが楽しみです。

そして、つぼみができて、今度はいつ花が開くのかな?と観察するのも楽しみです。

この、「植物」というのは種を撒いてから長い期間の間、花が咲くまで楽しめるのでワクワクします。

それからその後その花が実になり、種をつけてくれると来年またそれが楽しめます。

ようはずっと楽しめるのです。

水をあげたり、虫に食われたりと手間がかかりますがそれでも成長する植物が楽しみでなりません。

これから梅雨があけて夏に向かい、ぐんぐん成長します。

私もこの植物のように天高く伸びていきたいな。

私の実家の家の庭には今綺麗な牡丹の花が咲いています。

たてば芍薬座れば牡丹、歩く姿はゆりの花、という言葉を聞いたことが有る方が多いと思います。座れば牡丹というところに出てくる花が、今私の実家の庭には咲いています。とても綺麗な赤い色。

座ればこんな感じに見られるような女性になりたいものだと何度思ったことか。他にも、赤いツツジが咲いています。とても綺麗です。私は花が大好きなので、こんな沢山の花が植えられている実家に生まれることができてとても幸せだと思います。

春にはハナミズキも咲くし、季節ごとに色々な花が咲くのが見られるのでとても眺めが良いです。でも私は今実家を離れてお嫁に行ったので、なかなか毎回は見られず時々規制するときに見ることができます。

今は私は実家に帰省中で、出産を控えているので花々を楽しむ時間を持てています。

みなさんは何か好きな花はありますか?チューリップでもすみれでも何でもいいんです。好きな花が有るということはとても良いことだと思います。

花を見ていると心が豊かになります。とても幸せな気分にさせてくれますよ。

私は新しい家をたてても、花に囲まれた生活をしたいと思っています。みなさんはどんな暮らしを好みますか?とても充実した日々を過ごしていることと思いますが、時々フラワーパークに行くこともいいですね。

今日はずっと雨の一日でした

今日は朝から雨で息子もお出かけができずにイライラしてます。

私もそんな状況にイライラして

お互い何かあったらケンカしそうな勢いです。

何とか外に出て気分を変えたいとちらちら窓を見ては

さっきよりは外が明るくなったからと

玄関に出て雨が上がっているか確認してはそのたびに落胆しています。

結局朝から今まで雨は一向に上がりません。

なので今日はもう諦めました。

今日は一日家にいようと。

そう思ったらさっきまでの憂鬱な気持ちがちょっと楽になったような気がします。

子育て中はなぜか子供を何とか楽しませないとと思うことが

いい親のような気がしていて

子供が一日楽しまなかったら

その日は一日よくない過ごし方をしたよう気分になります。

でも本当はそこまで気負わずにいてもいいはずなんですよね。

毎日お出かけすることが義務のようで逆にストレスになるのなら

家で楽しむ工夫をするのもいいし

時々は親の都合子供にも付き合ってもらうことは

何も悪いことじゃないんですよね。

なのになぜか親の都合に合わせてしまったと後悔する日が多くて

それで追いつめられて

結局子供にもイライラしてしまう。

だけど今日みたいにこんなひもあるわと受け入れてしまえば

心にもゆとりが持てちゃうんですよね。

何だかそんなことを思わせてくれた雨の一日でした。

髪の毛の白髪が染まりません

若いころ、髪の毛が多くて、ぼさぼさでまとまらすとても悩んでいましたが、年齢とともにおさまってきました。やっと髪の毛の悩みから解消されると思いましたが、今度は、白髪が増えて大変です。

年齢のわりに白髪が多くて、前髪はほぼ真っ白です。最初は美容室で初めていたのですが、1週間ほどで、のびたり白髪になったりするので、仕方なしに自分で染めることにしました。

白髪染めで染めると、真っ黒になってしまいました。真っ黒になったあと白髪がはえてくると、すごく目立ちました。染める意味がないのではと感じるほどでした。

なので、次にヘアカラーで染めました。ヘアカラーで染めると明るい色で、白髪自体は染まらないのですが、周りの髪の毛となじんで目立たなくなりました。これはいいと思いましたが、以前白髪染めで染めたところと色がなじまず、シマシマになってしまいました。

白髪染めが残っているのをどうにかしようと、今格闘中です。どうやら脱染剤というものが必要なようです。インターネットで購入ができるようなので、注文しました。いまから届くのが楽しみです。慣れてくると自分で髪を染めるのも楽しいです。泡カラーが使いやすくてやりやすいです。白髪と長く付き合っていかなければなりません。